実績や前例で判断するのは間違い

公開日: : 最終更新日:2015/01/17 時間観

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容です。

よく、お役所などは前例主義だと批判を受けますよね、このブログの読者の中にも、同じように思っている人も少なくないのではないでしょうか。

でも、実は自分でも同じような思考に陥っているということに気付かない人が意外と多いんですよね。

例えば、この商品は売れているみたいだから買ってみようだとか、先日この宝くじ売り場で1等が出たから買ってみようだとか。

売れている商品というのは、過去に沢山の人が買ったということでそれも前例ですよね。

多くの人が買っているからといって、それがあなたにとってピッタリの商品だという根拠にはなりません。

宝くじの当たりにしたって、そこから当たりが出たという前例があるだけで、それが次の当たりを保証するものではありません。

前例とは要するに過去のことであり、前例主義の人というのは過去ばかりを見ている人です。

時間は未来から過去に向かって流れているのですから、本来見るべきは未来のほうなのです。

また、上記のような例の特に悪い点は、自分の実体験に根ざしていないことです。

以前に行ったお蕎麦屋さんが美味しかったので、以来ずっとそのお蕎麦屋さんに通っているというのなら、同じ前例主義でも実体験がある分だけまだマシです。

あの人は東大法学部出身だから信頼できるとか、多くの実績があるから任せてみようとか、芸能人の○○さんがやっているから効果があるに違いないとか、それらが正しいという確かな根拠など何もなく、全て単なる過去の話に過ぎません。

そういう判断の仕方をする人というのは、自分なりの価値基準、物差しを持っていない人です。

もっと厳しく言うなら、自分で考えることを放棄している人です。

前例や実績、人の意見に流されることなく、良いか悪いかはその都度自分の頭で考えることが大切です。

各種お申し込みは以下リンクから

応援クリックお願いします!

関連記事

no image

現在や未来は、過去によって決まるものではありません

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容です。 あなたが停留所でバスを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

no image
正しい仕事の選び方

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容で

no image
どんな問題も必ず解決策はある

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容で

no image
弱さこそ最大の武器

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容で

no image
優秀なコーチの条件とは?

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容で

no image
何をやっても続かないのは、意志が弱いからではありません

こんにちは、『夢ナビゲーター』であり意志が弱い人専門コーチの大崎光容で

→もっと見る

PAGE TOP ↑